33. whの発音方法。英語発音矯正のコツとフォニックスルール。練習方法。

whの英語発音とフォニックス


1. whで始まる英単語の発音のコツ 

こんにちは、横浜市都筑区で子供英語(特に発音とフォニックス)を教えているみいちゃんママです。
今回は wh についてレッスン致しましょう!

whの読み方は2つ。
1.hを読まずにwだけを読む。
発音記号で書くと[w]。
[w]は、そうめん1本ツルツルの口で「オ」という声を出すのがコツ

こうすると英語独特のwの「ゥ」がきれいに発音できます。

2.hとwの順番を入れ替えて読む。
発音記号で書くと[hw]。
[hw]は、「フw」(この音をカタカナで書き表すのは難しいですが雰囲気だけでも伝わるとよいのですが)。

 

 

2.whで始まる英単語


大きな声で以下単語を発音してみて下さいね。



1)hを読まずに発音する

what 『ゥわっt』

where 『ゥエァr 』

white 『ゥわィt 』

whale 『ゥエィL 』

which 『ゥィch 』

 

whのwだけを読み、h は読んでいません。

whはそうめんツルツルの口で『オ』と言うときれいに発音できます。

w の発音をする時の唇は、

そうめん1本がツルツルっと入る程度のすきまをあけて、

唇を尖らせるような形にし、

一瞬『お』と言う感じで発音します。

唇の隙間がそうめん1本分しかないので、

『お』という声をだしても、実際に出てくる音は、『ゥ』に聴こえるのです。

 

2)hとwの順番を入れ替えて発音する

ここからがひじょうに大事な部分なのですが、

whの読み方はもう1つあります。

whと書いているのに、

wとhを入れ替えてhw と読むのです。

w のまえに日本語の『フ』と似た感じの軽い音をつけ、
w を発音するのですね。


what 『フわっt』

where 『フエァr 』

white 『フわィt 』

whale 『フエィL 』

which 『フィch 』


この『フ』に似た感じの音は、日本語の「ふ」とは少し違います。

弱く軽く少しだけ入れるのがコツです。


中学や高校時代、あなたに英語を教えてくださった先生の発音は上記のどちらでしたか?

たとえどちらで教えられたにせよ、

whには2通りの発音方法があります。

どちらも発音できるようにしておくとリスニングの時に役立ちます。

 

疑問詞を発音する時に必要なwhの発音練習はしておくことをおすすめします。

基本中の基本と言える英語発音ですが、
意外なことに、この発音の仕方を知らない人はけっこういらっしゃいます。

発音のコツさえわかったら、あとは何度も繰り返し練習すればいいだけです!

たったこれだけのことですが、

このフォニックスルールを知っているのと知らないのとでは、

大人も子供も、文字や音に対する感度が大きくちがってきますね。


 

このように、

英語発音のコツをゼロからしっかり学んでみたいな
という方には以下教材がおすすめ!

超ゆっくりしゃべっているから、
とんでもないほどよくわかる!

★みいちゃんママのきれいな英語発音とフォニックスの秘密DVD10巻セット





みいちゃんママの発音レッスンを受けてみようかなという方には、

★みいちゃんママの英語発音スカイプレッスン
 もございます。


30分で3240円(税込)。

あなたが苦手な発音のコツがハッキリわかり、
英語をしゃべるのがワクワクうれしくなっちゃいます!

どうぞお役に立ちますように。