高校生用電子辞書おすすめは英語発音がきれいになるこれ!

高校生用の電子辞書おすすめはどれ?

というたくさんのメールありがとうございます。
みいちゃんママの英語教室では、
小学生の生徒にも中学生用の電子辞書を使わせています。

きれいな英語発音を身につけるには、
ネイティブ音声で単語が聞ける電子辞書は欠かせません。

英語学習者にとって、ネイティブ音声の聞ける電子辞書は、
絶対に必要!
高校生には大学入試に強く、高校生の英語発音力、
スピーキング力をグンと高める電子辞書がおすすめです。
あなたの英語発音の分析、採点をしてくれる電子辞書、
英語発音矯正ポイントを適切にアドバイスしてくる電子辞書が必要です。

このページでおすすめしている電子辞書で毎日発音チェックすれば、

誰でも通じる発音で英語を話すことが簡単にできるようになります。

あなたの発音コンプレックスは解消しますね。
上手に使いこなし発音力をアップしましょう。

高校生用のおすすめ電子辞書は白、黒、グリーンの3色があります。
お好みの色を選んで使って下さい。

わかりやすく、使いやすい高校生に人気の電子辞書です。
英検、英文法に強く、
6教科と大学入試に対応しているので高校生が安心して使えます。


 白










 グリーン


これをおすすめする理由は?


1.上記電子辞書はネイティブ音声なので単語の発音がきれいです。
  音声スピードを超ゆっくりに設定すれば、
  英語発音が苦手な高校生でも単語の発音が楽に聞き取れます。
2.ネイティブ発音が聞ける単語数が20万語もある。
3.お手本音声を聞き自分の発音を録音し、お手本の音と聞き比べられる。
4.自分の発音の分析、採点までしてくれる。
5.文章発音判定対応のコンテンツもある。   
 発音トレーニング、   
 しゃべって身につく英会話スキット・トレーニング   
 ディビット・セインのデイリースピーキングなど
6.5項目で文章の発音を分析。   
 1)音読時間:音読の速さが適切か?   
 2)脱カタカナ英語度:カタカナ英語からの脱却度   
 3)子音の強さ:発音が明瞭か?   
 4)英語らしいメリハリ:音の強弱、高低の差があるか?   
 5)なめらかさ:単語間の発音が適切かどうか?
7.英単語発音のポイントをわかりやすいイラストと文章で説明。
8.英単語の語頭の発音を解析、採点してくれる。
9.発音矯正ポイントを適切にアドバイスしてくれる。

つまり、スピーキング力を高めるのに最適なんですね。


電子辞書はカバーに入れて衝撃から守りましょう。


上記電子辞書に最適なカバーは以下です。
イヤホンなども入れておけるのでとっても便利!







グリーン


イエロー



液晶保護フィルムも貼っておきましょう。


おすすめは以下です。
衝撃によって液晶割れを起こしてしまうと修理に12000円ほどかかり痛手ですから保護フィルムは必須です。


 

日本の高校生は発音力を鍛えることが大事!


日本人高校生の泣き所は発音です。

あなたに英語を教えてくれる英語教師の発音が下手な場合は、
あなたの発音も下手になってしまう可能性があります。
英語発音のお手本とするのは、発音が下手な先生のマネをせず、
ぜひ、この電子辞書のネイティブ発音をお手本にしながら、

正しい発音を身に着けて下さいね。

英語の発音は高校生でも上達します!


高校生の段階で発音下手な場合でも、
あきらめる必要はありません。
上記電子辞書を使ってネイティブ音声をよく聞き、
それを真似するようにしっかり発音練習してみましょう。

そうすれば、
高校生でも英語発音はメキメキ上達しますので安心して使ってみて下さい。
さらに上手になりたいなという場合は、
英語発音指導のプロにあなたの発音をチェックしてもらい、
苦手な発音のコツを基礎から応用編まで、
しっかり教えてもらうと帰国子女のような発音になれます。

みいちゃんママの発音スカイプレッスン受けたら、
全国ジュニア英語スピーチコンテストで楽々2位!


各レベルにつき出場できるのは全国からたった5人という、
2018年度
全国ジュニア英語スピーチコンテストファイナルに、
みいちゃんママの生徒は3人も出場し3人とも全国で2位!

みいちゃんママの英語教室生徒は3人とも全国ジュニア英語スピーチコンテストで全国2位 みいちゃんママの英語教室生徒は3人とも全国ジュニア英語スピーチコンテストで全国2位



近くに英語発音を丁寧に教えてくれる先生がいない場合はスカイプレッスンを活用しましょう。


みいちゃんママの英語発音スカイプ個人レッスンがございます。
遠慮なくご相談下さいね。
30分で3240円(税込)
支払方法:銀行振込
スカイプレッスンお申込はこちらから


2018年8月31日 02:27  カテゴリー: 英語教材