クリスマスソング英語歌詞(英語の歌)をきれいな発音で歌うコツ。和訳・日本語訳付

  • クリスマスソング英語歌詞をきれいな発音で歌うコツ


    こんにちは、横浜市都筑区のこども英語教室で、5年連続英語スピーチコンテストで生徒を受賞に導くカリスマ英語講師
    オンラインレッスン(スカイプ・Zoom)で発音とフォニックスを専門に教えている「みいちゃんママ」です。

    このページでは、子供向け英語クリスマスソングの定番5曲の英語歌詞と和訳(日本語訳)、クリスマスの歌を英語で上手に歌うコツをご紹介いたします。
    Youtubeでクリスマスソングを子供が英語で歌っている動画も公開します。
    1.We Wish You a Merry Christmas (楽しいクリスマスになりますように)
    2.Silent Night(きよしこの夜 )
    3.Joy to the World (もろびとこぞりて)
    4.Jingle Bells (ジングルベル) ( by James Pierpont ) 
    5.The Twelve Days of Christmas (クリスマスの12日間)
    6.クリスマスソング英語の歌子供向けCDおすすめはこれ!
    7.小学生に最適!クリスマス英語劇(生誕劇)台本

    クリスマスソング英語歌詞をきれいな英語発音で歌うにはコツがあります。
    英語の歌を上手に歌うコツさえわかれば、誰でもかっこよく歌えます。

    ◆英語の歌を歌う時には、どこでリンク(リエゾン=リンキング)が起こるかを知って歌うと上手に歌えます。
    リンクとは、1つ目の単語の最後の音と2つ目の単語の最初の音がつながることです。
    例)an apple のnとaがつながると「ナ」になります。
    これをnとaがリンクすると「ナ」という音になり、「アナポォ」のような発音になると言います。

    リンク=リンキング=リエゾン=連音 

    単語の終わりの音が子音で、その次の単語の音が母音である場にリンキングはよくおこります。

    ◆英語で歌を歌う場合、一番気をつけねばならないのは、音を伸ばす部分は母音部分だけという点です。
    特に、二重母音部分を歌う場合は注意が必要!
    例)『アィ』という二重母音を長く伸ばして歌う場合、『ア~ィ』のように、『ア』部分の音が長く伸び、『ィ』は最後にほんの一瞬発音し歌います。
    二重母音は最初の音が伸びるだけです。
    『あい~』にはなりません。
     

1.We Wish You a Merry Christmas をきれいな発音で上手に歌うコツ


◆英語歌詞(イングランド民謡)と和訳(日本語訳者:妹尾佳江)
We wish you a merry Christmas, 
私達はあなたに楽しいクリスマス(が訪れるよう)願っています
We wish you a merry Christmas,
We wish you a merry Christmas,
And a Happy New Year.  
幸せな新年も(おとずれますように)
Good tidings we bring to you and your kin: 
あなたとあなたの親類に良い知らせがもたらされますように
We wish you a merry Christmas and a Happy New Year. 
楽しいクリスマスと幸せな新年があなたに訪れますように

この歌をお子様と一緒に楽しみながら聞き覚えたい場合は以下がおすすめ!
クリスマスソング英語子供CDをお探しの場合もおすすめです。
購入前にサンプル音声を聞くことができ便利です。


◆We Wish You a Merry Christmas
を歌うコツ◆
英語の歌を上手に歌うには、リンキング部分がどこにあるかを知って正しい発音で歌うようにするのがポイントです。
では、リンク部分を解説しますね。

1.Wish you の sh と y がリンクして『シュー』になります。
Wish youは『 wィシュー』と発音します。

2.And a の n と a がリンクして na になります。
And a は『ァナ』っぽくなります。
and は、d があるかないかわからない程度に『ァン』ぎみに発音。
『ァ』部分は少しだけ口を縦に開けて発音。

みいちゃんママの英語教室では、単語の最後にある d は、「飲み込む d 」と子供達に教えます。
飲み込んで聞こえなくなっちゃうように発音するからです。

忘れてはならないのが n の発音。
n は、舌先をしっかり口の天井にくっつけて発音。
上下の唇はくっつけません!
少しだけ開けます。
日本語の『ん』とは全く違う音ですから。

3.Good tidings は、Good のdを飲み込むようにして発音。
『ゴッ』という感じに。
oo 部分は、口を少しだけ開けて『ォ』 と発音。

4.tidings と bring の ng 部分は鼻濁音です。
音が鼻へ抜けるように発音。

『たいでぃんぐず』ではなく、『 t アィディngs(タイディンズ) 』。
『 brぃんぐ』ではなく、『 brぃng(ブリン) 』。

◆ng 部分がしっかり鼻濁音になっているかどうかは、以下のようにして自己チェックできます。

人差し指と中指でじゃんけんする時のチョキを作る。
そのチョキの人差し指と中指の指先を鼻骨(鼻の骨)にあてる。
そうしておいて、上記 ng 部分を発音し、指先に振動が伝わってくれば、音が鼻骨に伝わっている=音が鼻へ抜けている証拠です。

音が鼻骨に伝わっている=鼻濁音 ということですから、あなたは正しい音が発音できているということがわかります。

鼻濁音になっていない場合は、指先に振動は伝わってきません。
試しに『ぐず』と言ってみてください。
その『ぐ』部分を長く伸ばして『ぐーー』と発音すると、鼻骨は振動しません。
その『ぐーー』は鼻濁音ではないことがわかります。

5.and your の n と y がリンクし、『ァンヨr(ァンヨ)』ぎみに変化します。

and というのは『ァン』ぎみに発音しましょう。
『ァ』部分はあまり口をあけないで発音するのがコツ。
最後にある d は、「飲み込む d 」です。

忘れてはいけないのが n の発音。
n は舌先をしっかり口の天井につけて発音しましょう。
(口の天井というのは、上の前歯の付け根あたりのこと、ボッコンと飛び出しているところのことです。)
上下の唇は決してくっつけてはいけません!

唇は必ず少し開けておきます。
日本語の『ん』とは違う音ですから注意しましょう。

6.英語で歌を歌う場合、音を伸ばす部分は母音部分だけです。
これが日本人にとっては至難のワザ!

子音の後には、必ず母音がくる言語が日本語です。
その日本語の発音をひきずったまま英語で歌を歌うと、子音でおわっている単語の最後に、勝手に母音を入れて歌ってしまう結果になります。
そうなると、英語とは思えない歌になります。

無意識のうちに、子音だけの部分なのに、子音の後に本当はないはずの母音を入れ、そこを伸ばして歌ってしまう日本人はたくさんいます。
気をつけましょう!


この歌をみいちゃんママの英語教室生徒が歌っている動画をご紹介

★小学5年生(通室8ヶ月)
We Wish You a Merry Christmas 


スポンサーリンク

スポンサーリンク


2. Silent Night(きよしこの夜)英語歌詞をきれいな英語発音で上手に歌うコツ


◆英語歌詞(作詞者:Joseph Mohr)と和訳(日本語訳者:妹尾佳江)
Silent night,
静かな夜

Holy night,
聖なる夜
All is calm,
あたりは皆、音もなく
All is bright,
あたりは皆、光り輝く
‘Round yon Virgin,
Mother and Child,
聖母(マリア)と御子(みこ)のまわりに
Holy infant so tender and mild,
聖なる幼子(おさなご)は、とてもやさしく、おだやかに
Sleep in heavenly peace,
すばらしき平穏の中に眠る
Sleep in heavenly peace.


この歌をお子様とご一緒に楽しく歌ってみたい場合は以下がおすすめ!
歌とカラオケ入りですからご家族で楽しめます!
購入前にサンプル音声を聞くことができ便利です。
クリスマスソング英語子供CDをお探しの場合もおすすめです。



◆Silent Nightを歌うコツ◆
英語の歌を上手に歌うには、リンキング部分がどこにあるかを知って正しい発音で歌うようにするのがポイントです。
では、リンク部分を解説しますね。

1.All is の l とi がリンクしてli に。『おーリズ』になります。

2.Mother and の r と a がリンクしてraになりますが、erはほんのわずかに舌先が上を向いている音ですので、r音を非常に弱めに発音します。

『まthァー あんど』ではなく、『まthrァン』ぎみになります。
and というのは、『ァン』ぎみに発音しましょう。
『ァ』部分はあまり口をあけないで発音しましょうね。
最後にある d は「飲み込む d 」。

みいちゃんママの英語教室では、そう子供達に教えています!
その音は、飲み込んでなくなっちゃうよ!という意味です。

3.infant so 部分は、t を飲み込む t にすると英語らしいリズムが保てます。
『いんfァんそう』ぎみに。


4.tender and の  r と a がリンクしてra になりますが、erはほんのわずかに舌先が上を向いている音ですので、r音を非常に弱めに発音。
『てんだrァン』のように。


5.Sleep in のp と i がリンクしてpi になり、『すりーピン』になります。


6.英語で歌を歌う時、一番気をつけねばならないのは、音を伸ばす部分というのは母音部分だけであるということ!
これが日本人にとっては、至難のワザ!
子音の後には、必ず母音がくる言語が日本語です。

その日本語の発音をひきずったまま英語で歌を歌うと、子音でおわっている単語の最後に、勝手に母音を入れて歌ってしまう結果になります。
そうなると、英語とは思えない歌になってしまいます。
無意識のうちに、子音だけの部分なのに、子音の後に本当はないはずの母音を入れ、そこを伸ばして歌ってしまう日本人たくさんいますね。

例)calmは、『か~む~』とは絶対ならず、『か~m』と歌います。

『m』は子音なのでmを伸ばして歌うことは英語では絶対ない!
『m』は、一瞬だけ発音すべき音です。
十分気をつけましょう。


7.二重母音の場合も、6番と同じ注意が必要です。
Silent night と歌う時には、2箇所ある i 部分は、『あィ』という二重母音。
歌う時には『あ~ィ』というように『あ~』が長く伸び、『ィ』は最後にほんの一瞬発音し歌います。
『さ~ィれんtな~ィt』のように。

この歌をみいちゃんママの英語教室生徒が歌っている動画をご紹介
★小学2年生(通室1年8ヶ月)  
Silent Night


 3.Joy to the World (もろびとこぞりて)英語歌詞をきれいな英語発音で上手に歌うコツ


◆英語歌詞(讃美歌112)と和訳(日本語訳者:妹尾佳江)
Joy to the world, the Lord is come, 
世界に喜びを、主(イエス・キリスト)はこられた
Let earth receive her King,
この世に王をさずけ 
Let every heart prepare Him room,  
皆の心に主を受け入れる準備をさせ
And heaven and nature sing,  
そして天も自然も歌う
And heaven and nature sing,
And heaven and heaven and nature sing.  

この歌をお子様とご一緒に楽しく歌ってみたい場合は以下がおすすめ!
歌とカラオケも入っているのでご家族で楽しめます。
購入前にサンプル音声を聞くことができ便利です。
クリスマスソング英語子供CDをお探しの場合もおすすめです。





◆Joy to the Worldを歌うコツ◆
英語の歌を上手に歌うには、リンクする部分がどこにあるかを知って正しい発音で歌うようにするのがポイントです。
では、リンク部分を解説しますね。

1行ずつ、どこでリンクが起こるかを見ていきましょう。

Joy to the world, the Lord is come, 
1.Lord is の d と i がリンクしてdi 、『ろーディず』となります。
    
Let earth receive her King,  
2.Let earth の t と ear がリンクして tear、『れターth』となります。

アメリカ英語の場合、t 部分がL音に近い音にさらに変化する特徴を持ちますから、ここは、tear からさらに、lear のような感じの音へさらなる変化がおこります。
『れターth』からさらに、『れラーth』に近いような音に変化します。
          
Let every heart prepare Him room,  
3.Let every の t と e がリンクして te となります。
『れっテ~vrい』となります。

アメリカ英語の場合は、さらにこの t 音が L 音のような響きをもつ音に変化するので、 le のような感じの音になります。
『れっテ~vrい』から、さらに、『れっレ~vrい』ぎみになります。
   
And heaven and nature sing,  
4.heaven and の n と a がリンクして na となります。
『へvナン』になります。
        
And heaven and nature sing,
And heaven and heaven and nature sing. 

5.heaven and と heaven and の部分だけは、『へ~~vアン』という感じに歌いますから注意して下さい。
ven and になっていますが、ここをちょうど 『van』 のように歌います。


6.この歌に何度も出てくる and ですが、この最初の『あ』という音は、あまり口をあけず、軽く弱く『ァン』と発音しましょう。
d部分は発音しない感じに。
このような d は、みいちゃんママの英語教室では「飲み込む d 」と教えます。
飲み込んでなくなっちゃうよという意味です。


この歌をみいちゃんママの英語教室生徒が歌っている動画をご紹介
この動画は2019年11月5日時点で138,883 回視聴されています。
Joy to the World


4.Jingle Bells( by James Pierpont )ジングルベル 英語歌詞をきれいな英語発音で上手に歌うコツ


◆英語歌詞(James Pierpont)と和訳(日本語訳者:妹尾佳江)
*歌う時のコツを説明する関係で文頭に行番号を記入しています。
1. Dashing through the snow   
雪の中をダッシュして
2. In a one-horse open sleigh,  
1頭立ての屋根なしのそりに乗り
3. O’er the fields we go,  
野原を越えて行く
4. Laughing all the way;  
道を行きながらずっと楽しく笑い
5. Bells on bob-tails ring,   
馬の切り尾につけた(切り尾にした馬につけた)鈴が鳴ると
6. Making spirits bright,   
心がウキウキ明るくなる
7. What fun it is to ride and sing a sleighing song tonight.
今夜、そりに乗り、そりの歌を歌うのは何て楽しいんだろう!            

CHORUS:

8. Jingle bells! Jingle bells!  
鈴よ鳴れ、鈴よ鳴れ
9. Jingle all the way!  
ずっと鳴れ
10.Oh, what fun it is to ride in a one-horse open sleigh!
わあ!1頭立ての屋根なしのそりに乗るのは何て楽しいんだろう!
11. Jingle bells! Jngle bells! 
鈴よ鳴れ、鈴よ鳴れ
12. Jingle all the way!   
ずっと鳴れ
13. Oh, what fun it is to ride in a one-horse open sleigh!
わあ!1頭立ての屋根なしのそりに乗るのは何て楽しいんだろう!


day or two ago   
1日か2日前
I thought I’d take a ride,  
そりに乗ろうと思ったら
And soon Miss Fanny Bright  
ファニー・ブライトさんが     
Was seated by my side;  
すぐにぼくの横に乗り込んだ
The horse was lean and lank,  
馬は痩せて貧弱だった
Misfortune seemed his lot,  
不幸はその馬の運命のようだ
He got into a drifted bank,  
馬は雪の吹き溜まりに突っ込んで
And we, we got upsot.  
ひっくり返ってしまったよ   

(*注:みいちゃんママの想像ですが、たぶんファニー・ブライトさんって、とても体重が重い方だったのでは?ヒョロヒョロやせたお馬さんは、雪の中をそんな重たいものを引かねばならず・・・、大災難だったわけですね~。笑!)

CHORUS:  (ジングルベル以下繰り返し)

Now the ground is white,  
さあ、地面は真っ白だ
Go it while you’re young,  
若いうちに出かけよう
Take the girls along,  
女の子達をつれて
And sing this sleighing song.  
そしてこのそりの歌を歌うんだ
Just bet a bob-tailed bay,  
切り尾の栗毛の馬に賭けよう
Two-forty as his speed,   
1マイル(約1.6km)を2分40秒で走るような馬(*時速37km程度)にね
Hitch him to an open sleigh,  
そしてその馬を屋根なしソリにつないで
And crack! you’ll take the lead.   
さぁムチを打て! 君達は先頭を走るだろう(そりのレースで1等賞になるだろう)

CHORUS:

この歌をお子様と一緒に楽しみながら聞き覚えたい場合は以下がおすすめ!
購入前にサンプル音声を聞くことができ便利です。
クリスマスソング英語子供CDをお探しの場合もおすすめです。



◆Jingle Bellsを歌う時のコツ◆

英語の歌を上手に歌うには、リンクする部分がどこにあるかを知って正しい発音で歌うようにするのがポイントです。
では、リンク部分を解説しますね。

2行目の  In a の n と a がリンクしてna  になります。
『イナ』になりますね。

one-horse open は、s と o がリンクしてso になります。
『ワンホゥソゥペン』ぎみになります。


5行目の  Bells on の s と o がリンクしてso になります。
『ベルザン』ぎみになりますね。
on というのは、『おん』と発音するのではなく、『ァン』ぎみに発音します。


7行目の  fun it is の  n と i がリンクしてni に、
t と iがリンクして、ti になります。

さらに、アメリカ英語の場合は、t 部分がL音に近い音にさらに変化する特徴を持ちますから、 ti からさらにli のような感じの音へさらなる変化がおこります。
『ファニィリズ』ぎみに変化します。


7行目の  ride and sing a の d と a がリンクしてda になり、
ng と a がリンクして、nga になります。
『rアィダンスィンガ』になりますね。
sing の ng は鼻濁音です。(鼻に抜く音)
ng 部分を発音した時に鼻の骨に人差し指と中指の指先をあててみて、鼻の骨が振動するのを感じられればOK!
and のd 部分は落としぎみに発音したほうが自然です。

みいちゃんママの英語教室では、このような d のことを、「飲み込む d 」と教えます。
飲み込んでなくなっちゃうような d という意味です。

この歌をみいちゃんママの英語教室生徒が歌っている動画をご紹介
★小学3年生(通室2年8ヶ月)  
Jingle Bells


5.The Twelve Days of Christmas (クリスマスの12日間)英語歌詞をきれいな発音で上手に歌うコツ

 

* この歌は、愛する人がクリスマス(12月25日)から始まる12日間に、自分に次々とプレゼントしてくれたものを忘れないように、思い出すかのようにリストアップしながら軽やかに歌い上げる明るく楽しい歌です。

アメリカの家庭ではだいたい1月6日(Epiphany=公現節)頃にクリスマスツリーの後片付けをします。
1月6日頃まではクリスマスモードです。
日本人がお正月飾りを片付けるのと似ています。


◆英語歌詞(イングランド民謡)と和訳(日本語訳者:妹尾佳江)
On the first day of Christmas, 
クリスマスの1日目に
My true love sent to me 
私の本当に愛する人が私に贈ってくれた(* sent が、gave になっている歌詞もあります。)
A partridge in a pear tree. 
洋梨の木にとまったパートリッジ(鳥:やまうずら)を
On the second day of Christmas, 
クリスマスの2日目に
My true love sent to me  
私の本当に愛する人が私に贈ってくれた
Two turtle doves,  
二羽の首の長い鳩(キジバト)を
And a partridge in a pear tree.  
洋梨の木にとまったパートリッジ(鳥:やまうずら) 


On the third day of Christmas,  
クリスマスの3日目に
My true love sent to me  
私の本当に愛する人が私に贈ってくれた
Three French hens,  
3羽のフレンチヘン(フランスめんどり)を
Two turtle doves,  
2羽の首の長い鳩(キジバト)
And a partridge in a pear tree.  
洋梨の木にとまったパートリッジ(鳥:やまうずら)


On the fourth day of Christmas,  
クリスマスの4日目に
My true love sent to me  
私の本当に愛する人が私に贈ってくれた
Four calling birds, 
4羽の歌う鳥を
Three French hens, 
3羽のフレンチヘン(フランスめんどり)
Two turtle doves, 
2羽の首の長い鳩(キジバト)
And a partridge in a pear tree. 
洋梨の木にとまったパートリッジ(鳥:やまうずら)


On the fifth day of Christmas, 
クリスマスの5日目に
My true love sent to me 
私の本当に愛する人が私に贈ってくれた
Five golden rings! 
5つの金の指輪を
Four calling birds, 
4羽の歌う鳥
Three French hens, 
3羽のフレンチヘン(フランスめんどり)
Two turtle doves, 
2羽の首の長い鳩(キジバト)
And a partridge in a pear tree. 
洋梨の木にとまったパートリッジ(鳥・やまうずら)


On the sixth day of Christmas, 
クリスマスの6日目に
My true love sent to me 
私の本当に愛する人が私に贈ってくれた
Six geese a-laying, 
(*注1) 6羽の卵を産んでいるがちょうを 
Five golden rings! 
5つの金の指輪
Four calling birds, 
4羽の歌う鳥
Three French hens, 
3羽のフレンチヘン(フランスめんどり)
Two turtle doves, 
2羽の首の長い鳩(キジバト)
And a partridge in a pear tree. 
洋梨の木にとまったパートリッジ(鳥:やまうずら)


On the seventh day of Christmas, 
クリスマスの7日目に
My true love sent to me 
私の本当に愛する人が私に贈ってくれた
Seven swans a-swimming, 
(*注1) 7羽の泳いでいる白鳥を
Six geese a-laying, 
(*注1)6羽の卵を産んでいるがちょう
Five golden rings!  
5つの金の指輪
Four calling birds,  
4羽の歌う鳥
Three French hens, 
3羽のフレンチヘン(フランスめんどり)
Two turtle doves, 
2羽の首の長い鳩(キジバト)
And a partridge in a pear tree. 
洋梨の木にとまったパートリッジ(鳥:やまうずら)


On the eighth day of Christmas, 
クリスマスの8日目に
My true love sent to me 
私の本当に愛する人が私に贈ってくれた
Eight maids a-milking, 
(*注1) 8人のミルクをしぼっているメイド
Seven swans a-swimming, 
(*注1) 7羽の泳いでいる白鳥を
Six geese a-laying, 
(*注1) 6羽の卵を産んでいるがちょう
Five golden rings! 
5つの金の指輪
Four calling birds, 
4羽の歌う鳥
Three French hens, 
3羽のフレンチヘン(フランスめんどり)
Two turtle doves, 
2羽の首の長い鳩(キジバト)
And a partridge in a pear tree. 
洋梨の木にとまったパートリッジ(鳥:やまうずら)


On the ninth day of Christmas, 
クリスマスの9日目に
My true love sent to me  
私の本当に愛する人が私に贈ってくれた
Nine ladies dancing,  
9人の踊っている貴婦人を
Eight maids a-milking, 
(*注1) 8人のミルクをしぼっているメイド
Seven swans a-swimming, 
(*注1) 7羽の泳いでいる白鳥
Six geese a-laying, 
(*注1) 6羽の卵を産んでいるがちょう
Five golden rings!  
5つの金の指輪
Four calling birds, 
4羽の歌う鳥
Three French hens, 
3羽のフレンチヘン(フランスめんどり)
Two turtle doves, 
2羽の首の長い鳩(キジバト)
And a partridge in a pear tree. 
洋梨の木にとまったパートリッジ(鳥:やまうずら)


On the tenth day of Christmas, 
クリスマスの10日目に
My true love sent to me 
私の本当に愛する人が私に贈ってくれた
Ten lords a-leaping, 
(*注1)10人の飛び跳ねている王様(男)を
Nine ladies dancing, 
9人の踊っている貴婦人
Eight maids a-milking, 
(*注1)8人のミルクをしぼっているメイド
Seven swans a-swimming, 
(*注1) 7羽の泳いでいる白鳥
Six geese a-laying, 
(*注1) 6羽の卵を産んでいるがちょう
Five golden rings!  
5つの金の指輪
Four calling birds, 
4羽の歌う鳥
Three French hens, 
3羽のフレンチヘン(フランスめんどり)
Two turtle doves, 
2羽の首の長い鳩(キジバト)
And a partridge in a pear tree.  
洋梨の木にとまったパートリッジ(鳥:やまうずら)


On the eleventh day of Christmas, 
クリスマスの11日目に
My true love sent to me 
私の本当に愛する人が私に贈ってくれた
Eleven pipers piping, 
11人の笛を吹いている笛吹きを
Ten lords a-leaping, 
(*注1)10人の飛び跳ねている王様(男)
Nine ladies dancing,  
9人の踊っている貴婦人
Eight maids a-milking, 
(*注1) 8人のミルクをしぼっているメイド
Seven swans a-swimming, 
(*注1)7羽の泳いでいる白鳥
Six geese a-laying, 
(*注1) 6羽の卵を産んでいるがちょう
Five golden rings! 
5つの金の指輪
Four calling birds,  
4羽の歌う鳥
Three French hens, 
3羽のフレンチヘン(フランスめんどり)
Two turtle doves, 
2羽の首の長い鳩(キジバト)
And a partridge in a pear tree. 
洋梨の木にとまったパートリッジ(鳥:やまうずら)


On the twelfth day of Christmas,     
クリスマスの12日目に
My true love sent to me 
私の本当に愛する人が私に贈ってくれた
Twelve drummers drumming,  
12人の太鼓をたたいているドラマーを
Eleven pipers piping, 
11人の笛を吹いている笛吹き
Ten lords a-leaping, 
(*注1)10人の飛び跳ねている王様(男)
Nine ladies dancing, 
9人の踊っている貴婦人
Eight maids a-milking, 
(*注1)8人のミルクをしぼっているメイド
Seven swans a-swimming, 
(*注1)7羽の泳いでいる白鳥
Six geese a-laying, 
(*注1) 6羽の卵を産んでいるがちょう
Five golden rings! 
5つの金の指輪
Four calling birds, 
4羽の歌う鳥
Three French hens, 
3羽のフレンチヘン(フランスめんどり)
Two turtle doves, 
2羽の首の長い鳩(キジバト)
And a partridge in a pear tree. 
洋梨の木にとまったパートリッジ(鳥:やまうずら)
And a partridge in a pear tree. 
洋梨の木にとまったパートリッジ(鳥:やまうずら)

(*注1) 
a- + 現在分詞(動詞ing) = 進行の意味を表す古形 = 昔は、a-動詞ing が現在分詞だった。
(例)現代英文法では、釣りに行く=go fishing  ですが、昔は、go a-fishing だった。
(例)現代英文法では、set the bell ringing ですが、昔は、set the bell a-ringing だった。
つまり、現代英文法では、a- は省略されます。
この歌詞中では、リズムよく歌えるように音節数を合わせて、直前の名詞が単音節の場合に限り a- をつけていると思われます。

この歌をお子様と一緒に楽しみながら聞き覚えたい場合は以下がおすすめ!
購入前にサンプル音声を聞くことができ便利です。
クリスマスソング英語子供CDをお探しの場合もおすすめです。




この歌が英語絵本になったものもおすすめ!


12 Days of Christmas

ハードカバー: 24ページ
楽しくリズミカルなクリスマスソングの定番「The Twelve Days of Christmas」の絵本バージョン。
この絵本を見ながら歌えば楽しさも歌の内容の理解も深まりますね。



◆The Twelve Days of Christmasを歌うコツ◆
英語の歌を上手に歌うには、リンク(リエゾン)する部分がどこにあるかを知って正しい発音で歌うようにするのがポイントです。
では、リンク(リエゾン)部分を解説しますね。

1.sent to
t が2つ重なる時は、1つ分だけ発音する。
『セントゥ』と発音します。


2.partridge in a
dge と i がリンクして、ジ。
n と a がリンクして、ナ。
『パ~rtri ジナ』と発音します。


3.And a partridge in a
d は非常に軽く弱く発音される為、n と a がリンクしたような音になり、ナ。 
dge とi がリンクして、ジ。
n と a がリンクして、ナ。
『アナパ~rtriジナ』と発音します。


4.French hens
ch と he がリンクして、チェ となるので、
『freンチェンズ』と発音します。


5.geese a-laying
s と a がリンクして、サ。
『ギサレイng』と発音します。
この ng は、鼻濁音です。


6.swans a-swimming
s と a がリンクして、ザ。
『スwアンザスwイミng』と発音します。
この ng も、鼻濁音ですから注意して発音してください。


7.maids a-milking
ds と a がリンクして、ザ。
『メイザミルキng』と発音します。
この ng も、鼻濁音ですから注意して発音してください。


8.lords a-leaping
ds と a がリンクして、ザ。
『ローrザリーピng』と発音します。
この ng も、鼻濁音ですから注意して発音してください。

リンク音が発生するとはどういうことか?というと、
単語の最後の音と、次の単語の最初の音がくっついて、全く別の音が発生することを言います。

このリンク音を知っていれば、英語の歌は英語らしく歌えます。

リンク音がしっかり把握できていれば、英語の文章は上手に読めます。


しっかりリンク音の発音方法をマスターしてくださいね。
そうすれば、カラオケでかっこよく英語の歌が歌えます!

リンクが発生する部分に気をつけながら、まずは、大きな声で歌詞を朗読練習なさってみてください。
それから、メロディーをつけて歌う練習をくりかえしてくださいね。
そうすれば、まるで別人のように英語の歌が上手に歌えます。
今年のクリスマスカラオケでは、堂々と英語の歌を歌ってみて下さいね。
心より応援しています!

6.クリスマスソング英語の歌子供向けCDおすすめはこれ!


歌手:Christelle Ciari/Dario Toda/Angela Sapolis/Cameron Strother/Joelle Strother

ベスト・セレクション クリスマス・ソング えいごのうた




【収録楽曲】
1. あかはなのトナカイ
2. ジングルベル(Jingle Bells
3. サンタクロースがやってくる
4. ウィンター・ワンダーランド
5. おめでとうクリスマス(We Wish You a Merry Christmas
6. きよしこのよる(Silent Night
7. サンタがまちにやってくる
8. そりすべり
9. レット・イット・ゴー
10. シルバー・ベルズ
11. ひいらぎかざろう
12. ゆきよ ふれふれ
13. ホワイト・クリスマス
14. ママがサンタにキッスした
15. もみのき
16. もろびとこぞりて(Joy to the World
17. 星に願いを
18. リトル・ドラマー・ボーイ
19. フロスティ・ザ・スノウマン
20. ザ・クリスマス・ソング
21. 牧人ひつじを
22. ジングルベル・ロック 【ピアノ・メドレー】
23. ジングルベル〜きよしこの夜

7.クリスマス英語劇台本

 

子供英語教室でクリスマス発表会に英語で降誕劇(生誕劇)をやってみたいな!
という方は以下クリスマス英語劇台本がおすすめ!
英語を習い始めてすぐのお子様でも上手にできちゃう英語劇です。

◆クリスマス英語劇台本はこちら

以下がこの英語劇動画です。
みいちゃんママの英語教室クリスマス発表会で、
英語レッスンを始めて8ヶ月未満の小学生(小1~小6)が、
ずっこけながらもみごとに演じた英語劇をご覧ください。
英語を習い始めてすぐの子供達でも
こんなに上手にできてしまいます。

みいちゃんママ(妹尾佳江)が作ったこの英語劇台本は、
アルク月刊誌 『子ども英語』 2008年2月号 英語劇特集で
紹介されました。

クリスマスパーティーで子供達と一緒に英語劇をして楽しんでみませんか?

スポンサーリンク