uの発音方法。英語発音上達のコツとフォニックスルール

u は母音(ぼいん)で有声音。

 

u の発音は、音読みが2つ

 

アルファベット読みが2つあります。

 

 

 

u の音読み1つ目 ≫ を含む単語を大きな声で発音してみてください。

 

≪ 音読み1 ≫

 

1. umbrella

 

2. up

 

3. uncle

 

4. cut

 

 

 

これらの u を発音する時は、唇の開け具合に注意しましょう。

 

あなたが黙っている時の自然な口の横幅を保ちつつ、

 

手の人差し指の厚み程度に縦方向(上下)に軽く口を開けてください。

 

そうしておいて、軽く弱く『あ』と発音します。

 

この音を発音記号で書くと、

 

v が逆立ちしたような記号になります。

 

 

 

この発音記号は覚えにくいので、子供に教える時には、

 

「とんがりコーンのようなおいしそうな発音記号だよ~!」

 

と教えると、子供は一発で覚えてくれます。

 

 

 

 

 

では、次に、≪ u の音読みの2つ目 ≫が含まれる単語。

 

≪ 音読み2 ≫

 

put

 

full

 

push

 

pull

 

 

 

これらの u は、日本語の『う』に近いのではなく、

 

どちらかといえば『お』に近い音です。

 

唇はほんのわずかに開け、小さい口にして発音します。

 

非常に短い音です。

 

発音記号で書くと、[u] となりますが、

 

ほとんどの日本人は、

 

これをローマ字読みし『う』と発音する悪癖があります。

 

日本語の『う』とは全く違った音です。

 

注意して発音してください。

 

book oo と全く同じ音です。

 

この発音がしっかりできる日本人は少ないですね。

 

 

 

 

 

次は、≪ アルファベット読みの一つ目 ≫です。

 

≪ アルファベット読み1 ≫

 

pupil

 

cute

 

cube

 

music

 

 

 

これらの u 発音記号で書くと、[ ju:] となります。

 

この音も、日本人にとっては、難解な音の一つです。

 

英語の発音をカタカナで書き表すことは無理なのですが、

 

あえて書くとすれば、『ィユー』のような感じになります。

 

しっかり発音練習してくださいね。

 

 

 

 

 

では、次は、≪ アルファベット読みの2つ目 ≫

 

≪ アルファベット読み2 ≫

 

rude

 

flute

 

super

 

rumor

 

 

 

この音を発音記号で書くと、[ u: ] となります。

 

英語の発音をカタカナで書き表すことは無理なのですが、

 

あえて書くとすれば、『ウー』のような感じになります。

 

room oo と同じ音です。

 

これは、アルファベット読み1の[ ju:] の、

 

[ j ] 部分が脱落した音だと思えば理解しやすいですね。

 

 

 

 

 

 

 

では、uの発音のまとめ。

 

 

 

u には、アルファベット読みが2つと音読みが2つ、

合計4つの読み方があります。

 

 

 

母音でアルファベット読みが2つあるのは u だけです。

 

 

サイレント e のルール(=マジック e のルール)

 

を子供に教える時には、

 

u のアルファベット読みは2つあるので、

 

特に注意しましょう!

 

 

 

漢字を読む時には、音読み、訓読みという2通りの読み方がありますが、

 

アルファベットを読む時には、

 

アルファベット読みと音読みという2通りの読み方があります。

 

ぜひ、しっかりマスターしてくださいね。

 


このように、
英語発音のコツをゼロからしっかり学んでみたいな
という方には以下教材がおすすめ!

超ゆっくりしゃべっているから、
とんでもないほどよくわかる!


★みいちゃんママのきれいな英語発音とフォニックスの秘密DVD10巻セット





みいちゃんママの発音レッスンを受けてみようかなという方には、

★みいちゃんママの英語発音スカイプレッスン
 もございます。

30分で3240円(税込)。

あなたが苦手な発音のコツがハッキリわかり、
英語をしゃべるのがワクワクうれしくなっちゃいます!

どうぞお役に立ちますように。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です