24. xの発音方法。英語発音矯正のコツとフォニックスルール。練習方法。

xの英語発音とフォニックス

こんにちは、横浜市都筑区のこども英会話教室で、5年連続英語スピーチコンテストで生徒を受賞に導くカリスマ英語講師。
オンラインレッスン(スカイプ・Zoom)で発音とフォニックスを専門に教えている「みいちゃんママ」です。

1.xの発音のコツ


今回は xの発音 についてレッスン致しましょう!

x は子音(しいん)。

アルファベット読み:エクス(エックスではなく、エを強く、クスを弱く発音する)。

音読みは3こ:無声音「クス」、有声音「グズ」、有声音「ズ」。

ただし、有声音「ズ」を英語を初めて学ぶ小学生や中学生に教える場合は、
存在する単語数が非常に少ないので、ごくまれな読み方であることを教えましょう。

以下単語を大きな声でゆっくり発音してみてください。

1. tax
2. mix
3. box
4. expensive
5. excuse

6. exit
7. examination

8. xylophone

 

x の音読みは3つあります。
1~5番の x は無声音。
手のひらをノド仏にあてると、ノド仏が震えない音で発音する『クス』。

この発音を発音記号で書くと [ ks ] となります 。

「クス」と読むのは、xの後ろに何も文字がない、または、
子音がある場合が多いです。

(*dioxide, oxideのような例外もありますが。)

 

6~7番の x 有声音「グズ」。
手のひらをノド仏にあてると、ノド仏が震える音で発音する『グズ』。

この発音を発音記号で書くと [ gz ] となります 。

「グズ」と読むのは、xの後ろに母音がある場合が多いですね。

 

8番の x は有声音で「ズ」。

この発音を発音記号で書くと [ z ] となります 。
ごくまれな読み方です。
単語の最初にxがある場合の読み方です。

日本語で『くす』というとノド仏が震えますね?

日本語の『くす』を、無理やりアルファベット表記すれば、kusu となります。

日本人は、必要ない箇所に母音を入れてすべて有声音で発音してしまう悪い癖をもっているので注意しましょう。

1~5番の英語の x は、ノド仏が震えないように発音しなければなりません。

しっかり注意し発音してくださいね。

日本人はとにかく無声音が苦手です。

無声音で読む場合のx をついつい有声音で発音してしまいます。

この癖をなおすだけでも、あなたの英語発音はぐっときれいになり、ネイティブに通じやすくなります。

『クスのス』『グズのズ』を発音する時には、日本語で、す、ず という時のように唇を小さく丸くよせてはダメ!

自分が黙っているときの口の幅を保って、
わずかに口を上下に開けて発音しましょう。

口を小さく寄せ不要な母音uを後ろにつけsu,  zu にならないように注意しましょう。

 

スポンサーリンク


2.英語発音教材おすすめは?


英語発音のコツをゼロからしっかり学んでみたいな
という方には以下教材がおすすめ!

超ゆっくりしゃべっているから初心者でも、
とんでもないほどよくわかる!

★みいちゃんママのきれいな英語発音とフォニックスの秘密DVD10巻セット

3.英語発音オンラインレッスンおすすめは?


英語発音レッスンをスカイプやZoomで受けてみたいなという方には以下がおすすめ!

★みいちゃんママの英語発音とフォニックスオンラインレッスン


あなたが苦手な発音のコツがハッキリわかり、
英語をしゃべるのがワクワクうれしくなっちゃいます!
どうぞお役に立ちますように。

スポンサーリンク