sとshの発音の違い。英語発音上達のコツとフォニックス

s は子音(しいん)。

アルファベット読み:エス

音読みは2つ:無声音の「ス」、有声音の「ズ」

 

以下単語を大きな声で発音してみてください。

1.  sun  無声音の「ス」

2.  cost  無声音の「ス」

3.  boss  無声音の「ス」

4.  present  有声音の「ズ」

5.  music 有声音の「ズ」

 

無声音「ス」の発音は、

上の前歯と下の前歯を噛み合わせ、

ひそひそ声で『ス』と言います。

息だけを弱めに出します。

この時、手のひらで、のど仏=声帯 を触ると振動しません。

日本語の「す」は有声音で、唇を小さく寄せますが、

無声音s を発音する時には、

唇は黙っている時の口の幅のままを保ち、

前歯をかみ合わせ、わずかに口を開けて、

のど仏が震えないように「ス」と言います。

唇を小さく寄せないのがコツです。

 

有声音「ズ」の場合も、

唇は黙っている時の口の幅のままを保ち、

前歯をかみ合わせ、わずかに口を開けて、

のど仏が震えるように「ズ」と言います。

口を寄せずに発音するのがコツです。

 

 

sh と 無声音s の発音のちがい

 

日本人の大半が苦手とする音が無声音のsですが、

shとの違いを知らなければs は正しく発音できません。

 

以下単語を大きな声でゆっくり発音してみてください。

1. sin,   shin

2. see,  she

3. seat,  sheet

4. sick,  shift

5. sign,  shine

6. sun,  shut

 

2つの音のちがい、おわかりになりましたか?

 

無声音sの発音 は、

上の前歯と下の前歯を噛み合わせ、

唇を寄せないようにして『ス』という感じにし、

息だけを弱めに出します。

この時、手のひらで、のど仏=声帯 を触ると振動していません。

s は、無声音です。

 

1.  sin:『スィn

2.  see: 『スィー』

3.  seat: 『スィーt

4.  sick: 『スィck

5.  sign: 『サィn

6.  sun: 『サn』

 

これに対して、sh の発音は、

文字2つで書き表してはいますが、

文字2つで1つの音を表しています。

 

shは無声音です。

上の前歯と下の前歯を噛み合わせ、

『シュ』と『シ』が合体したような息だけの音を、

勢いよく、強く、一挙に出します。

この時、手のひらで、のど仏=声帯 を触ると、

振動していません。

日本語の『シュ』と同じではないのですが、

どちらかといえば『シュ』に近い音ですね。

 

shin:『シn

she: 『シー』

sheet: 『シーt

shift: 『シft

shine: 『シャィn

shut: 『シャt

 

日本語のスィ=si

日本語のシ=shi

と書くのだと思うとわかりやすいですね。

 

日本人は、sh の発音はできるのですが、

s の発音が苦手なのです。

 

s sh の発音は、全く異なる音ですから、

しっかり自覚し、

きちんと区別して発音できるように練習しましょう。

 

sin : 『シn 』ではなく、

『スィn 』のような感じに発音しましょう。

 

shin : 『シn 』でOK!

 

 

この発音のコツをあなた自身の口がしっかり覚えてしまうまで、

何度も大きな声で発音練習してくださいね。

この音が自分でスラスラ発音できるようになれば、

ごく自然にこの2つの音の違いを聞き分けられるようになります。

ぜひ、しっかり身につけてください。

 


このように、
英語発音のコツをゼロからしっかり学んでみたいな
という方には以下教材がおすすめ!

超ゆっくりしゃべっているから、
とんでもないほどよくわかる!


★みいちゃんママのきれいな英語発音とフォニックスの秘密DVD10巻セット





みいちゃんママの発音レッスンを受けてみようかなという方には、

★みいちゃんママの英語発音スカイプレッスン
 もございます。

30分で3240円(税込)。

あなたが苦手な発音のコツがハッキリわかり、
英語をしゃべるのがワクワクうれしくなっちゃいます!

どうぞお役に立ちますように。