pの発音方法。英語発音上達のコツとフォニックスルール

p は子音(しいん)です。

音読み:無声音で軽く弱く「プ」。

日本人にはなかなか発音できない音の1つです。

アルファベット読み:「ピー」は有声音。

(*難しい言葉で言うと、pは破裂音とよばれます
。)

 

以下単語を大きな声で読んでみましょう。

1.  cup

2.  map

3.  top

4.  sleep

5.  trip

6.  ship

7. up

 

p 音読みは無声音です。

無声音とは、手のひらをのど仏(声帯)にあててその音を出してみると、

のど仏は震えない音。

息が出るだけの音です。

ひそひそ話しでしゃべる時の音。

 

手のひらをのど仏(声帯)にあてて、

日本語の『ぷ』を出してみると、のど仏は震えます。

日本語の『ぷ』は有声音(のど仏が震える音)です。

最近、これを知識として知っている方は増えてきました。

しかし、実際、上記単語の発音をすると、

p 部分を有声音で発音してしまう日本人はたくさんいるのですね。

日本語の『ぷ』の発音が有声音であるため、

その感覚のままpを有声音で発音してしまう癖が、

日本人にはしみついているのです。

p 音で終わる単語を発音する時には、

手のひらをのど仏にしっかりあて、

発音チェックをしっかりしましょう。

 

最後の p だけを発音した時、

あなたの手のひらに振動が感じられたら、

あなたの p の発音は間違っています。

無声音で発音できるよう、繰り返し練習しましょう。

 

ちょっと注意すれば、きれいな正しい p に早がわりします。

ぜひがんばって練習してください。

 


このように、
英語発音のコツをゼロからしっかり学んでみたいな
という方には以下教材がおすすめ!

超ゆっくりしゃべっているから、
とんでもないほどよくわかる!


★みいちゃんママのきれいな英語発音とフォニックスの秘密DVD10巻セット





みいちゃんママの発音レッスンを受けてみようかなという方には、

★みいちゃんママの英語発音スカイプレッスン
 もございます。

30分で3240円(税込)。

あなたが苦手な発音のコツがハッキリわかり、
英語をしゃべるのがワクワクうれしくなっちゃいます!

どうぞお役に立ちますように。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です