ouの発音方法。英語発音上達のコツとフォニックスルール

ouの発音は、「アゥ」と「ア」の2つがあります。

発音記号で書くと[au]と[Λ]になります。

 

 

 

1.アゥ  [au]と読む場合

 

以下単語を大きな声で発音してみてください。

 

count

 

mouth

 

house

 

cloud

 

sound

 

 

 

ou は、『アゥ』 と発音します。

 

発音記号で書くと、[au] です。

 

town

 

cow

 

という時の ow と全く同じ発音です。

 

 

 

ou は、ダブル母音でありながら、

 

『ダブル母音のルール』は使わずに読みます。

 

ou はダブル母音のルールに従わない

へそまがりのダブル母音です。

 

 

 

————————

 

≪注意≫

 

ダブル母音のルールとは?

 

母音が2つ並んでいる時には、

 

左をアルファベット読みし、

 

右は読まない。

 

————————

 

 

 

ou を発音する時には、

 

『ア』を強くハッキリ、

 

『ゥ』部分は、

 

弱く短く少しだけ発音するのがコツです。

 

日本人は、

 

『ア』と『ウ』を同じ強さで発音してしまう悪い癖を持っています。

 

しっかり注意しながら発音練習してくださいね。

 

この部分に気をつけて発音すれば、

 

あなたの英語発音は、

 

メリハリのあるとても英語らしい発音になります。

 

ちょっと気をつけて発音するだけでよいのです。

 

ぜひ実行なさってみてください。

 

 

 

2.ア  [Λ]と読む場合

 

以下単語を大きな声でゆっくり発音してみてください。

 

double

 

rough

 

young

 

touch

 

country

 

 

 

ou は、『ア』と発音します。

 

発音記号で書くと v が逆立ちしたような記号[Λ]です。

 

up

 

という時の u と全く同じ発音、

 

u の音読みと全く同じ音です。

 

 

 

この音を発音する時には、

 

唇は、黙って口を閉じている時の、

 

自分の自然な口幅をそのまま保ちつつ、

 

唇を縦方向に、

 

人差し指の厚み程度を軽く開け、

 

上下の唇に力を入れないようにして、

 

弱く短く軽く『ア』、

 

という声を発音するのがコツです。

 

力を抜いて、軽く、弱く、短い、

 

『ア』を出す練習をしてみましょう。

 

 

 

ou は、ダブル母音でありながら、

 

『ダブル母音のルール』を使って読むのではなく、

 

ダブル母音のルールに従わない、

 

へそまがりのダブル母音です。

 


このように、
英語発音のコツをゼロからしっかり学んでみたいな
という方には以下教材がおすすめ!

超ゆっくりしゃべっているから、
とんでもないほどよくわかる!


★みいちゃんママのきれいな英語発音とフォニックスの秘密DVD10巻セット





みいちゃんママの発音レッスンを受けてみようかなという方には、

★みいちゃんママの英語発音スカイプレッスン
 もございます。

30分で3240円(税込)。

あなたが苦手な発音のコツがハッキリわかり、
英語をしゃべるのがワクワクうれしくなっちゃいます!

どうぞお役に立ちますように。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です