oの発音。英語発音上達のコツとフォニックスルール

o は母音(ぼいん)で、発音の仕方は3つあります。

アルファベット読みが1つ:オゥ

音読みが2つ:「オとアが合体したような音」と「口をあまり開けないァ」

 

以下の単語を大きな声で読んでみてください。

1. omelet :音読み

2. octopus :音読み

3. top :音読み

4. rose :アルファベット読み

5. home :アルファベット読み

6. mother :音読み

7. come :音読み

 

1~3番の o 部分は、アメリカ英語で発音する場合は、

日本語の『あ』に近い音に聞こえる『オ』のように発音します。

日本語の『お』と発音する時の2倍くらい縦に大きく口を開け「オ」と発音します。

口の中に中くらいのプチトマトをポコッと入れているような口の開け方をします。

 

大人であれば、

手の人差し指の厚みの3倍程度の長さ分しっかり縦に口を開け、

『オ』という声を出し発音するのがコツです。

非常に太っている方は指の厚みも分厚いのでだいたいの目安ですが…。(笑!)

 

 

4~5番の o は、『オゥ』と発音します。

アルファベット読みです。

『オ』を強くハッキリ、『ゥ』は弱く発音するのがコツです。

これを発音記号で書くと、[ou] となります。

 

 

5~6番の o は、短く軽く弱く『ァ』と発音します。

日本語の『あ』とはまったく違う音ですので気をつけましょう!

どうやって発音するかというと、

口は手の人差し指の厚み程度、縦に軽く開けます。

そして、軽く短く『ァ』と声を出します。

この音は、umbrella の u と同じ音です。

発音記号は、v が逆立ちしたような記号となります。

日本人は、この発音が非常に苦手です。

日本語の『あ』で発音してしまう方が多いですね。

日本語の『あ』とは、口の開け方が全く違う

ということをしっかり意識しながら発音練習なさってください。

 

また、せっかくネイティブ音声付の電子辞書で発音を確認しても、

英語耳をもたない人の耳には、

この発音は日本語の『あ』と同じだと誤認されてしまう危険性があります。

英語耳を持たぬ方は、

ぜひ、発音記号を見ながら、この発音を身につけてください。

日本語の『あ』と同じように、口を縦に開けてはいけません。

少なめに軽く開けましょう。

 


このように、
英語発音のコツをゼロからしっかり学んでみたいな
という方には以下教材がおすすめ!

超ゆっくりしゃべっているから、
とんでもないほどよくわかる!


★みいちゃんママのきれいな英語発音とフォニックスの秘密DVD10巻セット





みいちゃんママの発音レッスンを受けてみようかなという方には、

★みいちゃんママの英語発音スカイプレッスン
 もございます。

30分で3240円(税込)。

あなたが苦手な発音のコツがハッキリわかり、
英語をしゃべるのがワクワクうれしくなっちゃいます!

どうぞお役に立ちますように。