nの発音方法。mとの違い。英語発音上達のコツとフォニックスルール

nは子音です。

日本人英語教師の盲点 n の発音。

英語教師であっても、

この発音が全くできていない方は驚くほどたくさんいらっしゃいます。

やっかいなことに、当の本人には、

この発音ができていないという自覚が全くありません。

指摘されて初めて気がつくというケースがほとんどです。

 

以下単語を大きな声で読んでみてください。

1. an

2. turn

3. in

4. down

5. can

6. an apple (ァナポ)

7. turn off (タ~ノf

8. turn around (タ~ナrあうんd)

9. turn up (タ~ナ p

10. turn in (タ~ニン)

 

Nの音読みの発音の仕方を説明します。

舌先を上前歯の裏側に当ててみてください。

その舌先を歯の裏側から口の天井の方へ上向きになめ上げてみます。

歯が終わり、口の天井の温かくやわらかい部分に当たりますね。

そのままなめ進めていくと、

ボッコンと盛り上がった部分を越えると、

こんどは、ドーンとドームのように急激に上にあがっていく感じがしますね。

 

n は、舌先をどこにくっつけて発音すればよいと思いますか?

 

正解は、

歯が終わってすぐの柔らかい天井部分からボッコンまでの部分につける

*人間の舌の長さには個人差があります。

舌が短い人は、

ボッコンともりあがった部分についていればOKです。

そうしておいて、

唇は手の人差し指の厚み程度に軽く開けて『ん』と発音したら、

すぐに舌先を天井から軽く離します。

口は軽く開け発音するのがn です。

Nの発音を練習する時には、

舌先を天井につけ、口を少しだけあけて「ん」と言ったら、

すぐに舌先を天井から軽く離すところまでをしっかり繰り返してください。

 

日本語の『ん』とは全く違いますので気をつけてください。

日本人の子供にCDだけでお手本の発音を聞かせ、

「この音と同じ音をだしてごらんなさい。」

というと、ほぼ80%以上の子が、

上唇と下唇をしっかり閉じて発音してしまいます。

これでは、m の音ですね。

 

n は、舌先が口の天井にしっかりつき、

唇は開いていなければならない音

しっかり口の開け方と舌の使い方を教えなければ、

日本人には非常に発音しづらい音なのです。

大人の英語学習者の中にも、

同じミスをする方はたくさんいらっしゃいます。

英語教師であるのにこの発音が全くできていない方も、

たくさんいらっしゃいます。

しっかり、発音練習してくださいね。

 

この正しい n の発音ができてさえいれば、

6. an apple (ァナぽー)

7. turn off (タ~ノフ)

8. turn around (タ~ナrあうんd)

9. turn up (タ~ナp

10. turn in (タ~ニン)

 

のようなn 音から次の母音へのリンク音(つながる音)

もスムーズにでてきます。

ごくごく自然に以下のようなリンク音が発音できるわけです。

 

6. n a がリンクし、『ナ』と変化。(口を横に伸ばし発音する)

7. n o がリンクし、『ノ』と変化。

8. n a がリンクし、『ナ』と変化。

9. n u がリンクし、『ァ』と変化。

(これは、人差し指の幅程度に、口をたてに少しだけ開け、弱く発音するァ)

10. n i がリンクし、『ニ』と変化。

 

英語には、必ずリンク音(リエゾン)が存在します。

どの音とどの音がつながってあらたにどんな音をつくるのか?

を、しっかり把握することが大事です。

そうすれば、リスニング力もアップしますね。

 

アルファベット読みすると「エンヌ」

音読みすると「ンヌ」

のような感じの音になります。

 

 

*nとngの発音は全く違いますのでご注意下さい。

 


このように、
英語発音のコツをゼロからしっかり学んでみたいな
という方には以下教材がおすすめ!

超ゆっくりしゃべっているから、
とんでもないほどよくわかる!


★みいちゃんママのきれいな英語発音とフォニックスの秘密DVD10巻セット





みいちゃんママの発音レッスンを受けてみようかなという方には、

★みいちゃんママの英語発音スカイプレッスン
 もございます。

30分で3240円(税込)。

あなたが苦手な発音のコツがハッキリわかり、
英語をしゃべるのがワクワクうれしくなっちゃいます!

どうぞお役に立ちますように。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です