13. mの発音方法。英語発音矯正のコツとフォニックスルール。練習方法。

mの英語発音とフォニックス

1.mの英語発音

こんにちは、横浜市都筑区の子ども英会話教室で、特に発音とフォニックスを教えているみいちゃんママです。
今回は m についてレッスン致しましょう!

mは子音(しいん)です。
口を閉じて「ん」という声を出すのが発音のコツ。
発音記号で書くと[m]
日本人ができるようで本当はできていないのが m の発音です。

 

2.mがつく英単語

 

以下単語を大きな声で発音してみてください。

 

1. form

2. mom

3. hamburger

4. sympathy

5. number

6. m

 

3.mの発音のコツ

 

m の音読みは、

上唇と下唇の端から端までをピッタリ合わせ、

『ん』という声を出した後、口をほんの少しだけ軽く開ける音です。

 

 

アルファベット読みは、「エンマ」に似た音ですが、

ンマの時に、上唇と下唇の端から端までをピッタリ合わせ、

 『ん』という声を出した後、口をほんの少しだけ軽く開けます。

 

ほとんどの日本人は、

音読みをする時に上下の唇を閉じ合わせず、

口を開けたまま、

日本語の『ん』のように鼻に抜いて発音してしまう悪い癖があります。

日本人が無意識に出してしまう悪い癖です。

 

英語の m を発音する時には、

上下の唇をしっかり閉じなければならない!

と強く意識してください。

 

そうでもしなければ、

日本人はついつい口が開いたままになってしまいます。

くれぐれも気をつけてください。

 

たったこれだけのことですが、

これを身につけようとすると結構時間がかかります。

 

英語教室の子供達の中にも、

この癖をとるのに半年ほどかかる子がたくさんいます。

 

日本人にとっては、できるようでできない発音なのです。

ぜひ、馬鹿にすることなく、しっかり練習なさってください。

 

たくさんの単語の中に m がふくまれています。

意識的に発音を自己チェックし、しっかり矯正なさってください。

 

1. form

2. mom

 

のように、m が単語の最後に来る場合には、

閉じた唇を軽くはなすところまでしっかり発音練習しましょう。

 

閉じた唇を離すところまでが m の発音だと思ってください。

 

これに対して、

 

3. hamburger

4. sympathy

5. number

 

のように、m の次に他の音が続く場合は、

次の音を出す為に自然に口を開けなければならないので、

m の口が開く部分は次の音につながります。

 

ここをしっかり理解してください。

 

もし、この理屈がなかなか理解できない場合は、

 

単語の最後が m であれば、

閉じた口を開けるところまでが m の発音。

 

単語の初めや途中にある m は、口を閉じて発音。
と覚えるとよいですね。




4.まとめ(m
とnのちがい)

 

mの発音は、
上唇と下唇をしっかりつけ「ン」と発音する。
口を閉じるのがmなのに対し、
nは下唇と上唇を少し開け、舌先を口の天井につけて「ン」と発音とする場合と、
舌先を下前歯の裏につけ「ン」と発音する場合の2つがあります。

 


このように、
英語発音のコツをゼロからしっかり学んでみたいな
という方には以下教材がおすすめ!

超ゆっくりしゃべっているから、
とんでもないほどよくわかる!


★みいちゃんママのきれいな英語発音とフォニックスの秘密DVD10巻セット





みいちゃんママの発音レッスンを受けてみようかなという方には、

★みいちゃんママの英語発音スカイプレッスン
 もございます。

30分で3240円(税込)。

あなたが苦手な発音のコツがハッキリわかり、
英語をしゃべるのがワクワクうれしくなっちゃいます!

どうぞお役に立ちますように。