kの発音方法。英語発音上達のコツとフォニックスルール

kは子音(しいん)で、無声音(のど仏が震えない音)。

 

 

 

以下単語を大きな声で読んでみましょう。

 

<![if !supportLists]>1.  <![endif]>king

 

<![if !supportLists]>2.  <![endif]>kettle

 

<![if !supportLists]>3.  <![endif]>Kate

 

<![if !supportLists]>4.  <![endif]>monkey

 

<![if !supportLists]>5.  <![endif]>cake

 

 

 

k 無声音で『ク』と発音します。

 

無声音とは、その音を出した時に、

 

のど仏に手のひらをあててみると、

 

のど仏が震えない音です。

 

ひそひそ話しをする時のかすれたような音で『ク』と発音します。

 

この音を発音記号で書くと [ k ]

 

ソフトcのルールで読む場合のc の音読みと同じ音です。

 

 

 

5cakeのように、

 

単語がkの発音で終わる時には、

 

のどが震える有声音にならぬよう注意しましょう。

 

 

 

日本語の「く」は有声音です。

 

 

 

Kは無声音。

 

 

 

日本語の「く」と、英語のkはまったく違う音なのです。

 

 

 


このように、
英語発音のコツをゼロからしっかり学んでみたいな
という方には以下教材がおすすめ!

超ゆっくりしゃべっているから、
とんでもないほどよくわかる!


★みいちゃんママのきれいな英語発音とフォニックスの秘密DVD10巻セット





みいちゃんママの発音レッスンを受けてみようかなという方には、

★みいちゃんママの英語発音スカイプレッスン
 もございます。

30分で3240円(税込)。

あなたが苦手な発音のコツがハッキリわかり、
英語をしゃべるのがワクワクうれしくなっちゃいます!

どうぞお役に立ちますように。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です