eiの発音方法。英語発音矯正のコツとフォニックスルール。練習方法

eiの発音方法とフォニックス


1.eiの英語発音のコツ

 

eiの発音は4つ。


1.「エィ」 発音記号で書くと[ei]
発音のコツは「エ」を強く「ィ」を弱く発音する。
eもiも音読み。

2.「イー」 発音記号で書くと[iː]。
発音のコツは唇を横に大きく伸ばして「イー」。
ダブル母音のルールで読んでいる。
ダブル母音のルールとは、母音が2つ並んでいる時には、
左の母音をアルファベット読みし、右は読まない。

3.「アィ」 発音記号で書くと[ai]。
発音のコツは「ア」を強く「ィ」を弱く発音する。
eを読まずにiをアルファベット読みしている。

4.まれに「エ」と読む場合もある。
例)heifer

 

 

2.「エィ」と発音するeiのつく英単語

発音記号で書くと[ei]
発音のコツは「エ」を強く「ィ」を弱く発音する。
eもiも音読みしている。

 

 

beige
ei
ght

sleigh
veil
vein(静脈、血管)
weight

 

 

3.「イー」と発音するeiのつく英単語

 

発音記号で書くと[iː]
eiを「イー」と読むのはダブル母音のルールで読んでいる。
左をアルファベット読みし、右は読んでいない。

 

either
ceiling
neither
Neil
perceive  
protein
receive 

receipt 
seize

Sheila

 

 

3.「アィ」と発音するeiのつく英単語

 

発音記号で書くと[ai]。
発音のコツは「ア」を強く「ィ」を弱く発音する。
eを読まずにiをアルファベット読みしている。


Einstein(アインシュタイン)
either
neither

feisty
kaleidoscope(万華鏡)
seismic

 

 

子供に英単語の読み方を教える時にはコツがあります。

子供が納得いくようわかりやすく教えましょう。

みいちゃんママは、eiを2文字のフォニックスとして子供達に教えます。


英単語を読むために必要なフォニックスルールは、
すべてカードにして子供に持たせておくのがおすすめです。

カードにしておけば、幼稚園の子供でも楽にフォニックスを覚えてしまいます。

みいちゃんママのフォニックスカードは楽天で販売され、
楽天ランキング1位をいただいています。

カードには、日本人が苦手な発音に関しては、
発音のコツが書かれているので、
すぐにきれいな発音でカードが読めるようになります。

大人でも忘れっぽい方はフォニックスカードを使って覚えると楽ですね。


一見、なんでもないような、英語の綴りにも、

確かなフォニックスルールが存在します。

このルールを知っていれば、初見の単語でも、

綴りミス、読み間違い、発音ミスをしなくてすみます。

英語の発音や綴りはフォニックスルールさえ知っていれば、

そんなに難しいものではありません。

ぜひ、がんばって練習してください。



このように、

英語発音のコツをゼロからしっかり学んでみたいな
という方には以下教材がおすすめ!

超ゆっくりしゃべっているから、
とんでもないほどよくわかる!

★みいちゃんママのきれいな英語発音とフォニックスの秘密DVD10巻セット





みいちゃんママの発音レッスンを受けてみようかなという方には、

★みいちゃんママの英語発音スカイプレッスン
 もございます。


30分で3240円(税込)。

あなたが苦手な発音のコツがハッキリわかり、
英語をしゃべるのがワクワクうれしくなっちゃいます!

どうぞお役に立ちますように。