cの発音方法。英語発音上達のコツとフォニックスルール

c は子音(しいん)です。

単語を読む時には、音(おと)読みします。

c の音読みは2つあります。

以下単語を大きな声でゆっくりと発音してみてください。

1. case

 

2. copy

 

3. cup

 

4. center

 

5. citizen

 

1~3の c は無声音で、『ク』と発音します。

無声音とは、その音を出した時に、
ノド仏に手のひらをあててみると、
ノド仏が震えない音です。


この音を発音記号で書くと [ k ] となります。

この音は、k の音読みと全く同じ音です。

 

これに対し、4~5の c は無声音で、『ス』と発音します。

発音記号で書くと [ s ] となります。

この音は、無声音で読む場合のs の音読みと全く同じ音です。

 

単語によって、c を、無声音のクで読むか?
無声音のスで読むか?
どちらで読むべき?

と迷ってしまいがちですが、

ここにフォニックスルールがしっかり存在します。

 

c の後にe または i がある場合には、c は無声音の『ス』で読む

というフォニックスルールがあるのです。

このルールには名前がついており、
ソフト
c のルールと言います。

 

子音(しいん)である c は、アルファベット読みすると『スィー』。

日本人は、この c のアルファベット読みの発音が苦手です。

間違えて『シー』と発音してしまいます。

c のアルファベット読みは、『シー』ではなく、
『スィー』と発音してください。

 

音読みすると、無声音で『ク』または『ス』と読みます。

 

cには、アルファベット読み『スィー』、

音読み無声音『ク』または『ス』

3つの読み方があるわけですが、

単語を読む場合は、ほとんど【音読み】しかしません。

 

c を『スィー』とアルファベット読みする場合は略語の場合です。

たとえば、CIA = Central Intelligence Agency など。

 

単語を読む場合、母音は略語の場合だけでなく、
アルファベット読みする時と、音読みする時があります。

しかし、子音はほとんどの場合、音読みしかしません。

 

略語の場合は、大文字ばかりが並んでいます。

CIAのように大文字ばかりが並んでいる略語の場合は、
子音もアルファベット読みすると覚えて下さい。

 

漢字を読む時には、音読み、訓読みという2通りの読み方がありますが、

アルファベットを読む時には、
アルファベット読みと音読みという2通りの読み方があります。

 


このように、
英語発音のコツをゼロからしっかり学んでみたいな
という方には以下教材がおすすめ!

超ゆっくりしゃべっているから、
とんでもないほどよくわかる!


★みいちゃんママのきれいな英語発音とフォニックスの秘密DVD10巻セット





みいちゃんママの発音レッスンを受けてみようかなという方には、

★みいちゃんママの英語発音スカイプレッスン
 もございます。

30分で3240円(税込)。

あなたが苦手な発音のコツがハッキリわかり、
英語をしゃべるのがワクワクうれしくなっちゃいます!

どうぞお役に立ちますように。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です