air, areの発音方法。英語発音上達のコツとフォニックスルール

air are は、同じ発音です。

 

以下単語を大きな声で発音してみてください。

air

chair

hair

pair

care

share

 

air = are = エr

 

『エ』という音を出したら、

すぐに舌先を口の天井にあるボッコンに向けて持ち上げます。

 

日本人は、airを発音する時に、

『エ』の次に『ア』という声を出す悪い癖を持っています。

 

声は『エ~』と出しますが、

「エ」と言ったらすぐに舌先を口の天井に向けて持ち上げて下さい。

舌先は天井についてはいけません。

持ち上げるだけです。

そのタイミングが大事です。

舌先を持ち上げることにより音が変化します。

 

air=『えあ~』ではなく、『エr』。

しっかり練習してください。

 

 

まとめ
air, areの発音は同じ。
発音のコツは『エ』という音を出したらすぐに舌先を口の天井にあるボッコンに向けて持ち上げ、
ボッコンすれすれの位置で止めます。
エの次にさらに口を縦にあけてあと言うのではなく、
声はエーと出しつつ舌先を上げていきます。

 

 

英単語の発音練習をする時には、

お手本の音が必要です。

音声がきれいで聴きやすい電子辞書を使って、

しっかり発音を自分の耳で確認しながら、

練習しましょう。

 


このように、
英語発音のコツをゼロからしっかり学んでみたいな
という方には以下教材がおすすめ!

超ゆっくりしゃべっているから、
とんでもないほどよくわかる!


★みいちゃんママのきれいな英語発音とフォニックスの秘密DVD10巻セット





みいちゃんママの発音レッスンを受けてみようかなという方には、

★みいちゃんママの英語発音スカイプレッスン
 もございます。

30分で3240円(税込)。

あなたが苦手な発音のコツがハッキリわかり、
英語をしゃべるのがワクワクうれしくなっちゃいます!

どうぞお役に立ちますように。