母音Aの英語発音方法。発音のコツとフォニックスルール

≪ a の発音のコツ。 a の発音は2つある ≫

a には、発音(読み方)が2つあります。

以下単語を大きな声でゆっくり発音してみてくださいね。


1. act

2. ask

3. answer

4. bake

5. name

6. same




さあ、もうお気づきですね?

1~3 の a は、a を
音(おと)読みした時の発音です。


発音記号で書くと、a と e が背中合わせになったような記号です。


どのようにして発音するかというと、

唇の横幅は、『えーー!』と驚いて叫ぶ時の、

日本語の 『え』の唇よりもさらに横に引っ張ります。

そして、『えーー!』と驚いて叫ぶ時の日本語の『え』の唇よりも、

縦方向(上下)にももう少し開けます。


こうしておいて、『ア』という声を出してください。

日本語の『え』と比べると横にも縦にももっと余分に開けた唇をしっかり作っておいて、

『ア』と強くハッキリ声を出しましょう。

派手目の『え』の唇をしておいて、

強く『ア』と発音すると覚えてもいいですね。


ーーー≪注意≫ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここでお伝えしている a を音読みする時の発音は、アメリカ英語の発音です。

イギリス英語の場合は、もっと日本語の『あ』に近い音となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


これに対し、

3~6 の a は、a を
アルファベット読みした時の発音です。


どのようにして発音するかというと、

『エィ』の
『エ』部分を強くハッキリ

『ィ』部分を短く弱く発音するのがコツです。


発音記号で書くと、[ ei ] となります。


日本人は、このように強弱のリズムをつけて英語を発音するのがとっても苦手です。

『エ』と『イ』を同じ強さで『えい』と平坦に発音してしまうのが癖ですので、

この癖をしっかりとってしまいましょう。


強弱のリズムがあってこそ英語!


英語をしゃべる時には、

日本語をしゃべる時のように強弱をつけずに発音してはいけません。

意識的にしっかり強弱のリズムをつけてくださいね。

そうするだけで、あなたの英語発音はメリハリのきいた英語らしい発音に大変身します。



漢字を読む時には、音読み、訓読みという2通りの読み方がありますが、

アルファベットを読む時には、

アルファベット読みと、音(おと)読みという2通りの読み方があります。

ぜひ、この2通りの読み方(2通りの発音の仕方)をマスターしてくださいね。



たったこれだけのことですが、

このフォニックスルールを知っているのと知らないのとでは、

大人も子供も、文字や音に対する感度が大きくちがってきます。


一見、なんでもないような、英語のつづりにも確かなフォニックスルールが存在します。

このルールを知っていれば、初見の単語でも、

つづりミス、読み間違い、発音ミスをしなくてすみます。


英語の発音やつづりは、ルールさえ知っていれば、

そんなに難しいものではありません。

必要とされている知識さえ習得すれば、あとは反復練習するだけでよいのです。

ぜひ、がんばって練習してくださいね。



もっと【短期集中的にしっかり英語発音とフォニックスの勉強がしたくなっちゃった!】

と言う方には、

★ みいちゃんママのきれいな英語発音とフォニックスDVD10巻セット


がございます。

みいちゃんママが約5時間33分にわたり、

ひじょうに濃い、英語発音とフォニックスのレッスンを展開しているDVDセットです。


どうぞお役に立ちますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です