a の発音方法。英語発音上達のコツとフォニックスルール

a は母音(ぼいん)。a には、読み方(発音の仕方)が2つあります。


音読み
が1つ。
アルファベット読みが1つ。

以下単語を大きな声でゆっくり発音してみてくださいね。



1.
act
2.
ask
3.
anser

4.
bake
5. n
ame
6. s
ame

 

1~3の a は、 a を音(おと)読みした時の発音です。


発音記号で書くと、 a と e が背中合わせになったような記号です。

 

どのようにして発音するかというと、

唇の横幅は、『えーー!』と驚いて叫ぶ時の、

日本語の 『え』の唇よりもさらに横に引っ張ります。

そして、『えーー!』と驚いて叫ぶ時の日本語の『え』の唇よりも、

縦方向(上下)にももう少し開けます。

こうしておいて、『ア』という声を出してください。

日本語の『え』と比べると、
横にも縦にももっと余分に開けた唇をしっかり作っておいて、
『ア』と強くハッキリ声を出しましょう。

派手目の『え』の唇をしておいて、 強く『ア』と発音すると覚えてもいいですね。

 


≪注意≫ ここでお伝えしている a を音読みする時の発音は、

アメリカ英語の発音です。
イギリス英語の場合は、もっと日本語の『あ』に近い音となります。 


 

 

3~6の a は、 a をアルファベット読みした時の発音です。

 

どのようにして発音するかというと、

『エィ』の『エ』部分を強くハッキリ、
『ィ』部分を短く弱く発音するのがコツです。

発音記号で書くと[ ei ] となります。

日本人は、このように強弱のリズムをつけて英語を発音するのがとっても苦手です。

『エ』と『イ』を同じ強さで『えい』と平坦に発音してしまうのが癖ですので、
この癖をしっかりとってしまいましょう。

 

強弱のリズムがあってこそ英語です。

英語をしゃべる時には、 日本語をしゃべる時のように強弱をつけずに発音してはいけません。

意識的にしっかり強弱のリズムをつけてくださいね。

そうするだけで、 英語発音はメリハリのきいた英語らしい発音に大変身します。

 

漢字を読む時には、 音読み、訓読みという2通りの読み方がありますが、

アルファベットを読む時には、

アルファベット読み音読み という2通りの読み方があります。

 

ぜひ、この2通りの読み方(2通りの発音の仕方) をマスターしてくださいね。

 
このように、
英語発音のコツをゼロからしっかり学んでみたいな
という方には以下教材がおすすめ!

超ゆっくりしゃべっているから、
とんでもないほどよくわかる!


★みいちゃんママのきれいな英語発音とフォニックスの秘密DVD10巻セット





みいちゃんママの発音レッスンを受けてみようかなという方には、

★みいちゃんママの英語発音スカイプレッスン
 もございます。

30分で3240円(税込)。

あなたが苦手な発音のコツがハッキリわかり、
英語をしゃべるのがワクワクうれしくなっちゃいます!

どうぞお役に立ちますように。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です