ダブル子音(しいん)のルールとは何?


(*ダブル子音のルールという名称は、みいちゃんママの造語です。)

みいちゃんママのフォニックスルール表にある、

ダブル子音(しいん)のルール
とは何?

というご質問にお答えします。



同じ子音が2つ続いている時は1つだけ音(おと)読みし、

前にある母音も音読みする
 

というフォニックスルールです。


例をあげて説明しますね。


rabbit というつづりを見てみましょう。


この場合の
a は、アメリカ英語の場合、
日本語の 『え』 と 『あ』 が合体したような音で読まなければなりません。
これを、
a を音(おと)読みする と言います。

 a というアルファベットには、
読み方が2つあります。

c
ake という時には、a を、≪エイ≫ と読んでいますね。
これは、≪a をアルファベット読み≫ する読み方。


なぜ、rabbit の a は、音読みするのでしょうか?

その謎を解く鍵は、a の後ろの bb にあります。

同じ子音が2個ある(ダブルである)場合、その前の母音は音読みする
というルールがあるからですね。



bb の前にある母音 a は、
音読み(『え』 と 『あ』 が合体したような音)で読まなければならないのです。


rabbit
 の ra は、
≪レイ≫ ではなく、≪ラ≫ と読まねばならない
と bb が教えているのです。


フォニックスルールを知っていれば、
初見の単語でも、読み間違うことが少なくなります。

フォニックスって、英単語の読み方のルールです。

こども英語教室でフォニックスが重要視されるわけがおわかりいただけましたか?



ではここで、

みいちゃんママのきれいな英語発音とフォニックスの秘密DVD全10巻
より抜粋した、

【ダブル子音のルール】を↓動画でご覧ください。




フォニックスを知れば、英単語を読む時のルールがしっかりわかりますから、

小学生でも英単語がスラスラ読めるようになります。

フォニックスルールを下敷きサイズの表にした、

★みいちゃんママのフォニックスルール表(A4サイズ)1枚とCDのセット★ 

は楽天市場で売られ、

楽天ランキング4部門で1位!をいただいております。

どうぞお役にたちますように。

 


このように、
英語発音のコツをゼロからしっかり学んでみたいな
という方には以下教材がおすすめ!

超ゆっくりしゃべっているから、
とんでもないほどよくわかる!


★みいちゃんママのきれいな英語発音とフォニックスの秘密DVD10巻セット





みいちゃんママの発音レッスンを受けてみようかなという方には、

★みいちゃんママの英語発音スカイプレッスン
 もございます。

30分で3240円(税込)。

あなたが苦手な発音のコツがハッキリわかり、
英語をしゃべるのがワクワクうれしくなっちゃいます!

どうぞお役に立ちますように。